thumbnail_haisen2 宅内配線のチェック【同軸回線エリア】

お宅の配線は大丈夫ですか

電波はケーブルを伝っていくと弱くなります。またケーブルを分配すると、さらに弱くなります。弱くなった電波をそのままにしておくと、テレビに接続したと きに、テレビの映りが悪くなります。これを改善するのがブースター(増幅器)です。ブースターは電波が弱くなる前に増幅させるものです。 宅内配線 引込(保安器)に到達する電波の強さはどのお客様へも均等ですから、お客様が宅内で多く分配されると電波の強さが大きく減退します。お客様が多く分配する場合は、ブースターを用意して設置してください。ブースターは分配する手前に取付けてください。分配された後(テレビの直前)に設置しても効果はありません。分配方式で配線すれば、分配器から均等に枝分かれしますから、各テレビの信号は一定になり保守が容易になります。

NNSが推奨する宅内ブースターのタイプ

  1. 利得帯域(増幅できる周波数)が70~770MHzであること。
  2. 利得(どのくらい増幅するか)が15~20dB(デシベル)以上であること。
  3. できれば双方向タイプ(信号の上り下りを増幅する)であること。

また、お客様が増幅器の選別や設置工事ができない場合は、お気軽にご相談ください。 (技術局 ホームサービス部:055-251-7115)

アイキャッチ02

自主放送(コミチャン)【10ch&11ch】

 番組案内♦山梨コミチャンネットワーク 【11ch】山梨県内のケーブルテレビが制…