Windowsメールサブミッションポート587の設定

  1. Windowsメールを起動します。



  2. WindowsLiveメールを開いて「ツール」→を「アカウント」を選択します。



  3. インターネットアカウント画面にてCCNetのメール設定を選択し「プロパティ」を選択します。


※CCNetのメールが対象となります。

  4. サーバーのタブにて「このサーバーは認証が必要」にチェックを入れ、「設定」のボタンを選択します。


  5. 「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択し、「OK」を選択します。


  6. 詳細設定のタブにて送信メール(SMTP)にて「587」を入力し、適用をクリックし、OKをクリックします。



   以上で設定は完了です。


当サイト内の掲載事項の無断転載を禁止します。
copyright(c)2014 Nihon Network Service, Inc. All Rights Reserved.