Windows10メールサブミッションポート「587」を利用したメール送信方法

  1.スタート画面の左下にあるWindowsボタンを選択し、スタートメニューにある「メール」を選択しメールソフトを起動します。

  2.左下の歯車マークを選択すると、右に設定のメニューが表示されます。その中から「アカウントの管理」を選択します。



  3.CCNetのメールアカウントを選択します。



  4.「アカウントの設定」内の「メールボックスの同期設定を変更」をクリックします。



  5.「同期設定」内の「メールボックスの詳細設定」をクリックします。



  6.「送信(SMTP)メール サーバー」を以下の通りにポート番号を追記し、「送信サーバーは認証が必要」と「メールの送信に同じユーザー名とパスワードを使う」にチェックを入れ、「完了」をクリックします。

   以上で設定は完了です。


当サイト内の掲載事項の無断転載を禁止します。
copyright(c)2017 Nihon Network Service, Inc. All Rights Reserved.